フリーランスが起用されやすい高度な職種

プロジェクトマネージャーとして働くことは、IT系のエンジニアとしては最も大きな成功といえるキャリアパスの一つです。
エンジニアとしての現場経験を豊富に積むことから始まり、プロジェクトに関わる他の職種の特徴についても理解して、プロジェクト全体を見渡せる視野を身につけ、ビジネスやマーケティングに関する見識も身につけることによって担うことができるようになる、高度な職種だからです。

経験に加えて、全体をマネジメントする能力も必要とされることから、高いキャリアを有していることが重要であり、若手には担えない壮年期以降の重要な仕事として位置づけられています。
しかし、こういった総合力を身につけることは容易ではなく、なかなかなることができないというのがプロジェクトマネージャーのデメリットです。

特に企業に勤めている場合には、自分に任された仕事を全うすることが求められているため、全体に視野を運ぶことやビジネスやマーケティングについての知識や経験を育む機会が与えられないことが多いのが実情です。そのため、自分から余暇を利用して研鑽を積んでいかなければ、プロジェクトマネージャーへのキャリアパスは切り開くことができません。

一方、企業内でその人材を確保することが難しいことから、フリーランスの人材から起用されることも多々あります。
独立して仕事をすることでビジネスやマーケティングの視点が育まれていることが多く、適任者が見つかりやすいからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です