フリーランスも募集される責任のある管理職

プロジェクトマネージャーの業務内容は、大まかに言えばプロジェクトの開始から終了までを管理することです。
クライアントに対するヒアリングや市場の動向調査等を通して解決すべき問題を明確にし、その解決策となるシステムの骨格を考案するのがその仕事の始動になります。

そして、そのプロジェクトの遂行に必要となる予算の算定や設備の調達を行い、実際にプロジェクトを担う人材を確保することでプロジェクトを開始させることができます。
そして、実際の仕事を適切に配分しながら、クライアントとの打ち合わせや市場の動向の変化に応じて、より良い方向へプロジェクトを動かし、目的のものが完成した暁にはその評価報告書を作成して市場に送り出すということになります。

こういった前線からは一歩引いた管理者の立場でプロジェクト全体の管理を行っていくのが、プロジェクトマネージャーの業務です。
マーケティングのための視点や必要な人材を選ぶための専門知識などが要求されるため、多能であることがプロジェクトマネージャーには必要とされます。

特にエンジニアとしての能力以外の部分は自ら勉強して身につけてきた人のみが持ちうるものであり、社内に適切な人材がいない場合にはフリーランスの人材が募集される場合もあります。
プロジェクトの成功の鍵を握る業務であることから、責任も重い職業であるものの、それに見合う高い給料設定がなされていることから多くのエンジニアが目指す職業です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です